Menu
Close 

      2019/08/18

服部平次がコナンの正体に気づいたのはいつ?仲良くなったきっかけも








この記事を書いている人 - WRITER -

コナンのライバルとして活躍している、西の高校生探偵・服部平次(はっとりへいじ)。小学生になったコナンと普通に捜査をする姿に、少し違和感がありますよね。

当然平次はコナンが新一だという事は知っているのですが、一体いつからコナンの正体に気づいていたのでしょうか?ライバルだった二人が仲良くなったきっかけについてもご紹介します!

平次とコナンの関係が気になる、という方は是非ご覧くださいね。

▼U-NEXTならコナンのアニメ動画が見放題!▼

▼U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

平次がコナンの正体に気づいたのはいつ?

アニメ第57~58話「ホームズ・フリーク殺人事件」

コナンが勝手に応募した「シャーロックホームズフリーク歓迎ツアー」に参加することになった蘭と小五郎。

コナンは参加者の占い師に手相を見られ、「何か大切な隠し事をしてるわね。用心するのよボウヤ、でないとその秘密、もうすぐ誰かにバレちゃうかもしれないわよ」と助言され、蘭を見るコナン。

そこに現れたのが平次でした。「あなたもホームズファンなの?」と蘭に聞かれ、「ここに来れば工藤新一に会えると思ったから」と、どうやら目的は新一だったようです。

ツアーの最中にオーナーが殺されるという殺人事件が発生し、平次はコナンと共に捜査を始めます。そんなコナンの姿に違和感を覚える平次。

眠りの小五郎と呼ばれる名探偵の的外れな意見に、平次はさらに不信感を抱きます。「オッサンが推理するときあいつはどこにおるんや?」と蘭に聞く平次。もうバレてしまいそうです・・・。

そして決定的なことが起こります。いつもなら小五郎を眠らせますが、平次にバレてしまいそうだったため、コナンは平次を眠らせることにしました。

しかし途中で小五郎が平次を殴り、平次は目を覚ましますが寝たふりを続け、コナンが声を出していることに確信を持ちます。事件解決後、「お前、工藤やろ」と一言。

この件でコナンは平次に正体がバレてしまったのです。

平次とコナンが仲良くなったきっかけは?

コナンの事を本当に小学生だと思っていた頃は、「なんやこのガキ」くらいにしか思っていませんでした。「東の工藤 西の服部」と世間から言われ、もともと新一をライバル視していた平次。

直接会ったこともない2人ですが、第48話「外交官殺人事件」で新一に会いたくて平次が探偵事務所を訪れる場面があります。そこで風邪気味だったコナンに平次がパイカルを飲ませたことによって、コナンは一時的に新一の姿になりました。

初対面を果たした訳ですが、この時は互いにライバルとしてそれぞれ推理を行っています。仲良くなったと思われるのが、やはりコナンの正体に気づいた「ホームズ・フリーク殺人事件」の時です。

平次が2回目の登場となるこの回で、正体がバレたコナンは平次に本当のことを話します。そのことにより、2人の信頼関係はかなり強くなったと考えられます。

3回目の登場ではすでに「工藤!」と呼んで、コナンと協力して捜査をしているんですよ!お互いに探偵なので、もともと気の合う性格だったようですね。

平次の人懐っこさもありますが、コナンも平次だから打ち明けられたのでしょう。生き生きと二人で捜査をする姿がなんだか微笑ましいです。

平次とコナンはライバルであり親友でもある、初期の頃からとても強い絆で結ばれていたんですね!

まとめ

平次がコナンの正体に気づいたのは、2回目の登場での事でした。初めて会った時から、不信感を持つなど、平次の観察力がとても凄い事がわかりますよね!

あっという間に打ち解けて、和葉がやきもちを妬くほど仲良くなった平次とコナン。2人がいれば、どんな事件も即座に解決してしまいます。これからも2人の活躍が楽しみですね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.