Menu
Close 

   

水無怜奈の初登場回はいつ?元アナウンサーって本当?








この記事を書いている人 - WRITER -

コナンと敵対している黒の組織の一員である水無怜奈(みずなしれな)。組織の中でもクールでどこか優しい雰囲気が印象的ですよね!

では水無怜奈が初登場した回は一体いつなのでしょうか?現在は組織の人間ですが、実は元々アナウンサーをしていたこともあるんですよ。

そんな水無怜奈の初登場回とともに、アナウンサー時代のことについてもご紹介します。水無怜奈の事がもっと知りたい、という方は是非ご覧くださいね。

初登場回を紹介!

第425話「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」

ある日毛利探偵事務所に、ピンポンダッシュに困っているというアナウンサーの水無怜奈が訪れました。調査を依頼され、コナンは水無怜奈宅に盗聴器を仕掛け、犯人を捜します。

結局子どものいたずらだということが判明し、無事に解決かと思いきや、仕掛けていた盗聴器を回収するのを忘れていたため、コナンは水無怜奈の元へもどります。

しかし、盗聴器は水無怜奈に踏まれ靴にくっついてしまっていました。その時、盗聴器から黒の組織のボスのメールアドレスである「七つの子」のメロディが聞こえてきたのです。

ここで水無怜奈が組織の人間であると知ったコナンは、聞こえてきた暗殺計画をFBIと共に阻止することに。盗聴器がバレると接触していた小五郎が狙われると思い、回収に奮闘します。

すると人込みで水無怜奈のくつが脱げてしまうという、チャンスが訪れました。コナンは急いで靴を拾うも、同時に水無怜奈も手に取ってしまいます。

「もしかして、つけてた?」と問われるも、なんとかごまかし盗聴器を回収できないまま、水無怜奈は去っていきました。

なんとか水無怜奈を確保しようと彼女の乗るバイクをFBIが固めますが、逃げようとして事故にあってしまい意識不明で入院することになりました。

しかし意識不明ではあるものの、なんとか水無怜奈を確保することに成功したのです。その後盗聴器がバレ、案の定小五郎が組織に狙われることに。

FBIの赤井秀一の機転により、なんとかその場を逃れ、「盗聴器はFBIがやった」ということで収まりました。これが水無怜奈の初登場回です!二時間半のスペシャルで放送された、今後のストーリーに関わる重要な回になりました。

アナウンサー時代について

初登場でもお話したように、水無怜奈はアナウンサーとして探偵事務所に依頼をしに来ていました。有名人ですから、狙われたりと危険が多いですもんね・・・。

アナウンサーとしてはとても人気で、小五郎の知り合いにも熱狂的なファンがいるほどでした。大きな事故で輸血を必要とされている現場では、自分も怪我をしていながらも輸血に向かうなど、優しい心の持ち主です。

そんな彼女がまさか、黒の組織の一員でコードネームがキールという幹部だったなんて、とても想像できませんでしたよね。

では彼女は今もアナウンサーを続けているのでしょうか?

今もアナウンサーなの?

実はある一件で、水無怜奈はアナウンサーを辞めているんです。それは初登場回とつながるストーリーになります。

初登場で事故によりFBIに匿われて入院することとなった彼女を奪還しようと組織も動き出します。これがファンの中でも人気の高い「緋色シリーズ」です。

コナンと赤井秀一が大活躍するストーリーで、様々な策が飛び出し見ごたえがありますよ。組織は見事に水無怜奈を奪還しますが、これもコナンの思惑通りだったことが後に明かされます。

組織に戻った水無怜奈は誰かと電話をしているところを、ジンに疑われ「アナウンサーを辞めると事務所に言っただけ」と答えます。

ここで初めてアナウンサーを辞めたことが発覚しました。ここから表舞台に立つことはなく、組織の一員としてジンと行動を共にすることが多くなったようです。

まとめ

水無怜奈の初登場回は、なかなか衝撃的なものでした。今後につながる重要な回なので見逃せませんよ!アナウンサーとして大人気でしたが、入院で長く行方不明になっていたため、辞めることを選択しました。

組織の情報収集のために、アナウンサーをやっていたんでしょうね。今後も水無怜奈に注目ですよ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.