Menu
Close 

   

安室透と水無怜奈の関係は?お互いスパイと知っていた?








この記事を書いている人 - WRITER -

コナンの敵で謎多き組織、黒の組織。組織の幹部でもあるバーボンこと安室透と、キールこと水無怜奈現在もスパイとして組織に潜入していることは有名ですよね!

では、スパイ達はお互いにスパイと認識しているのでしょうか?安室透と水無怜奈はどういう関係なのか、考察していきます。安室透や水無怜奈、スパイについてもっと知りたい、と言う方は是非ご覧くださいね。

安室透と水無怜奈の関係について

安室透と水無怜奈が会話をする場面、あまりありませんよね。安室は単独行動が多い、というせいもありますが。お互いにどう思っているのか、考察してみました!

安室透は基本組織に近寄らず、独自に調査をすることが多く、唯一ベルモットと手を組むことが多いです。水無怜奈とは組んだという話はなく、2人に接点はあまりないように思えます。

水無怜奈も、安室透の事を特別にどうこう思っている様子はありません。水無にとって安室はあくまで組織の人間に過ぎないようです。コナンたちに、バーボンには気を付けてと注意するなどしていました。

しかし現在では水無も、安室がスパイであると認識しているようです。公安とまでは分かっていないですが。ではいつ気が付いたのでしょうか?

お互いにスパイと知っている?

現段階で、お互いにスパイと認識しているようです。決定的となったのが劇場版「純黒の悪夢」のことでした。組織のキュラソーにノックリスト(スパイのリスト)を盗まれ、バーボンとキールは組織につかまってしまいます。

お互いに「相手の事は知らないが、自分は違う」と言い張る2人。さらに脅されて、水無が打たれてしまいます。この時、お互いに知っているかは明確に表現されていませんが、助け合う姿が印象的でした。

無事にスパイではないと証明できますが、ノックリストは本物なので捕まった2人は必然的にスパイと分かってしまうわけです。

実はこの前から安室は水無がスパイと気づいていたと思われます。それは「緋色シリーズ」で水無が赤井秀一を殺害した件です。安室は信じられず、独自に調査をし赤井が生きていることに気が付きました。

沖矢昴が赤井秀一と睨んだ安室は沖田が住む工藤邸に乗り込みますが、そこにいた沖矢昴はなんと、工藤優作の変装だったのです。こうなることも全てコナンが予測していました。

同じとき、FBIの車を追っていた公安の仲間の前に本物の赤井秀一が現れ、安室と電話で会話をします。ここで完全に安室に赤井が生きていることがバレてしまったわけですね。

しかし安室は組織にはこの情報を報告していないようです。それは赤井を恨んでいても、組織の仲間ではないからですよね。この一件により、赤井を殺したはずの水無が、この作戦に協力していたことがわかります。

水無がCIAかどうかは把握していませんが、スパイということは確実に知っているようです。

他のスパイについて

以前スパイだったライ(赤井秀一)、スコッチ(諸伏景光)とバーボンはお互いにスパイと知っていたのでしょうか?スパイとして潜入しているので、当然自分の正体を組織の人間に話すわけありません。

スコッチとバーボンは同じ公安からのスパイでした。なので潜入当初から2人は知っていましたし、何より2人は幼馴染だったのです。

ではFBIからのスパイ赤井はいつ知ったのか、明確には分かりませんが、公安の事を知ったのはスコッチが組織に身バレしてしまった時では、と考えられます。

組織に追われるスコッチを助けに来たのも赤井でしたからね。同じスパイとして放っておけなかったのでしょう。赤井ならその前から知っていそうですが・・・。

スコッチは赤井を見て自殺しようとしたので、その時まで赤井がスパイとは知らなかったようです。ということは、同じ公安の安室も知らなかったはずです。

その後、スコッチの自殺現場を見て、スコッチが自分で引き金を引いたことを知り、赤井に対して「あれほどの男なら自殺させずに済んだはず・・・」と言っています。

組織の人間に対し、これは不自然ですよね?スコッチが自殺したことにより、安室は赤井がスパイだと気づいたのでしょう。スパイと分かってもこの一件で赤井のことを敵視していますが・・・。

まとめ

安室透と水無怜奈が一緒に行動することはほとんどありません。二人ともノックリストにより、組織に疑われた経験があります。水無怜奈は入院の時といい、何度も組織に疑われているのでバレるのも時間の問題かもしれませんね。

スパイ同士、上手く助け合っているようで、直接聞かなくてもだいたいは分かるようです。スパイになるほどですから、かなりの観察力の持ち主ですよ。二人が組織にバレてしまわないか、ドキドキですが今後の展開も楽しみですね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.