Menu
Close 

      2019/08/18

黒田管理官の登場回や重要シーンをチェック!正体が気になる!








この記事を書いている人 - WRITER -

謎多きキャラである黒田管理官こと黒田兵衛。敵か味方か、その正体に注目しているファンは多いことでしょう。劇場版「ゼロの執行人」にも登場していて、あるシーンを巡って様々な仮説を立てられています。

では、黒田管理官が初めて登場した回はいつだったでしょうか?重要シーンと振り返ると共に、正体に関しての仮説についてまとめました。黒田管理官の正体について気になっている人は、ぜひご覧下さいね!

▼U-NEXTならコナンのアニメ動画が見放題!▼

▼U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

黒田管理官の初登場回は?

黒田管理官が初めて登場した回についてご紹介します!

・コミック86巻File.9-87巻File.2/アニメ810-812話「県警の黒い闇」

長野で起きた凄惨な殺人事件に遭遇したコナン達。そこに現れたのが、黒田兵衛でした。この時の役職は、長野県警、捜査一課長として。ラムの特徴と言われている「隻眼で大男」の一致から、コナンが過敏に反応していましたね。

ストーリー序盤、コナンはラムの特徴から大和敢助警部を連想しました。しかし黒田の登場により、一気に展開が変わったようです。ここで明らかになったのは、

・10年近く意識不明で警察病院に入院していた

・右目は義眼(上原刑事曰く)

・髪が事故のストレスで白髪になった(看護師がまるで別人のようと話していた)

・今も、細かい記憶が抜け落ちている

ということ。この事故の原因は、黒の組織関連と考えるのが自然ですよね。初登場時はいかにも悪人、というような人相に度肝を抜かれました。想像しているラムの人物像が具現化したような感じでしたもんね。黒田管理官がその後、ストーリーに深く関わることが明確となる物語でしたね!

黒田管理官の登場回まとめ

では、その後、コミック94巻までに収録されている黒田管理官の登場回についてまとめました。

・コミック87巻File.5/アニメ815話「ブログ女優の密室事件(後編)」

ストーリー終盤に、コナンと灰原の前に、黒田が警視庁捜査一課の管理官として登場しました。その気迫のこもった画には、魔の手が一気に近づいてきたような感覚がありましたね!コナンや灰原が怯える描写も印象的でした。

ただ後日談(87巻File.10にて)、灰原は黒の組織の人間に感じるセンサーは発動しなかった様子。「ただ顔が怖かった」と話していました(笑)

これを元に考えるなら、ラム説は薄くなったのかなと。灰原のセンサーも段々鈍くなっているようなので、確信はできません。しかし、ラムのような大物なら、きっと反応するでしょうからね。

・コミック92巻File.10/アニメ897話「白い手の女(後編)」

ストーリー終盤、若狭先生の活躍のニュースを見る黒田管理官が収録されています!「若狭瑠美」という名前に何かを感じている様子ですが、それはどの立場からのものかまだ計り知ることはできませんね。にしても、相変わらず顔が恐い・・・(笑)

・コミック93巻File.6-8/アニメ909-910話「燃えるテントの怪(前・後編)」

羽田浩司や若狭瑠美を調べている様子の黒田管理官。若狭がキャンプに参加すると知って、黒田もそこに行くことになりました。さらに、キャンプ場で起きた事件に、黒田も積極的に捜査に加わります。

このエピソードから、「黒田と若狭は対立する立場」という仮説が立ちます。仲間なら、コソコソ調べる必要はありませんもんね。この時、灰原の組織の人間に感じるセンサーが働きました。これは黒田からなのか、若狭からなのか、はたまた他の人間なのか、気になるポイントですよね。

ただ黒田だとすると、何故最初は働かなかったのか、という疑問も残ります。黒田と若狭が対面することで、ますますラム編が加速しているようでした!

コミック94巻までに収録されている黒田管理官の登場回は以上です。サンデーには、黒田の正体の核心に迫るエピソードも掲載されているようです。95巻の発売日が待ち遠しいですね!

劇場版「ゼロの執行人」の黒田の重要シーン

「ゼロの執行人」では、原作に先駆けて、黒田管理官の正体について核心に迫るシーンがありました。安室と電話していると見られる黒田。彼が最後に「ぬかるなよ、○○」というシーンは、波紋を呼びました。「○○」の所は無音になっていて、何と言ったかは定かではありません。

ただ、口元の動きを見ると、「バーボン」と聞き取れるんですよね。(サンデーでは、安室をバーボンと認識していることが明らかとなる描写がありました)ということは、黒田は安室に指示を出している人物ということ。正体が大分見えてきますよね。

では、最後に黒田管理官の正体について、個人的な考察をまとめます!

黒田管理官の正体についての個人的な考察

安室を「バーボン」と呼んでいることから、黒田の正体は以下、どちらかに絞るのが自然な流れです。

・黒の組織の上司(ラム?)

・公安の上司で、組織への潜入を把握している人物

以前、赤井=沖矢ということが、劇場版で先駆けて判明しましたが、今回も同じような流れですね!ちなみにバーボン編の時は、沖矢が怪しいと見せかけて、最後に登場した安室がバーボンという展開でした。

今回は、ラム候補として真っ先に登場したのが黒田管理官でしたが、どのような結末となるのでしょうか。個人的には半分感覚的なものはありますが、黒田は公安っぽいな、と思っています。

青山先生にしては、ストレートすぎるので、ミスリードの可能性が高いのではないかと。

過去に「ジョディ=ベルモット」というミスリードにまんまと引っ掛かったので(笑)、「ラム=黒田」にはあまり合点が行かないのが正直な気持ちです。早く黒田の正体を知りたいものですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?黒田管理官の動向に、今後も目が離せませんね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.