Menu
Close 

      2019/05/06

目暮警部の帽子の下が気になる!秘密が明かされるのは何話?








この記事を書いている人 - WRITER -

警視庁捜査一課の頼れる刑事である、目暮警部。毛利小五郎の刑事時代の上司でもあり、連載初期から登場していますよね!目暮警部はいつも被っている帽子がトレードマーク。しかし、それにはある秘密が詰まっているんですよ。

今回は、その秘密が明かされるストーリーについてご紹介します。目暮警部の過去について知りたい、改めて見直したい方はぜひご覧下さいね!

▼U-NEXTならコナンの映画やアニメ動画が見放題!▼

▼U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

目暮警部の帽子の下に隠されたものとは?

では早速、目暮警部がいつも帽子を被っている理由についてご紹介します!目暮警部の帽子の下に隠されているもの。それは、目暮が新米刑事だった時に負った頭の古傷でした。

当時、連続して女子高生がひき逃げされる事件が勃発。それを捜査していた刑事の一人が目暮でした。その被害者を守るために負った傷が、帽子の下に残っているのです。しかし、刑事にとって、捜査中の傷は、勲章のようなもの。特に恥ずかしいものではありません。

何故、目暮警部はそれを隠そうとするのでしょうか?

目暮の帽子の下の秘密が明かされるのは何話?

その秘密が明かされるストーリーがこちらです!

・コミック28巻File.11-29巻File.2/アニメ217-218話「封印された目暮の秘密(前・後編)」

まず、ストーリーのあらすじについてご紹介します。連続婦女殴打事件を捜査していた目暮ら捜査一課のメンバー。佐藤刑事がオトリ捜査を行いますが、目暮は「もうオトリ捜査はしない」と言い切りました。しかし、事件はエスカレートしついには死者も。

目暮は過去に担当した事件を重ねながら、今回の事件の解決を目指します。では、気になる目暮の帽子の秘密についてご紹介します!この秘密は、今回の事件解決後に、目暮の上司である松本警視から語られました。

先程紹介した、女子高生連続ひき逃げ事件。それは、不良女子高生にカツアゲされたことを恨んだ被疑者の犯行でした。ターゲットとなったのは、当時不良の間で流行っていた「ロンタイ」という制服のスカートの丈を長くした女子高生。その事件も今回と同様にどんどんエスカレートして、死者が出てしまいました。女子高生らに警察がロンタイ禁止を呼び掛け、事件は起きなくなります。

しかし「死んだ友人の敵をとりたい」という女子高生が、オトリ役を買って出ることに。危険だからと警察は反対しますが、警察を信用していなかった女子高生は、それをやめようとしません。仕方なく目暮が護衛につきますが、被疑者は目暮共々女子高生をひき殺そうとしました。

目暮が車のナンバーを覚えていたから確保には繋がったものの、目暮は頭を負傷、女子高生は全身を強く打ち、虫の息でした。「この辛い思い出を封印するために、目暮は帽子を被っている」と、松本警視は語ります。なんて泣けるな話!と思いきや、この話にはまだ続きがあったのです。

虫の息だった女子高生は、なんと一命をとりとめていました!そしてさらに衝撃的だったのが、その人は今の目暮の奥さんである、みどり!

古傷が見えれば、奥さんとの馴れ初め話を冷やかされる。だから帽子を取らないのではないか、という蘭達の予測で物語は幕を閉じたのでした。普段威厳たっぷりな目暮警部だからこそ、こっちの方がありえるかもしれませんね!勿論、真相は目暮警部のみぞ知るといった所ですが。

それにしても、オトリ捜査に対して異常なまでに反対していたのはこういう経験があったからなんですね。結果的には甘えん坊な目暮の一面が印象に残ったものの、その生き様はカッコ良さも感じました!刑事を信用していなかった、当時のみどりさんが惚れちゃうくらいですもんね。非常にまとまりの良い内容となっていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?目暮警部の意外な過去は、当時印象的なものでした。これを機に、改めて見返してみるのもいいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.