Menu
Close 

   

毛利小五郎の声優が交代した理由は?いつから変わったのかチェック








この記事を書いている人 - WRITER -

名探偵コナンのメインキャラの一人である毛利小五郎。眠りの小五郎の推理ショーは大きな見所となっていますが、その時の声色も盛り上げる要素の一つですよね。

しかし、ある時突然小五郎の声が変わった、というのは、ファンの間でもちょっとした騒ぎとなりました。一体、声優交代にはどんな理由があったのでしょうか?

交代した時期についても詳しくご紹介するので、小五郎の声優交代について詳しく知りたい、という方はぜひご覧下さいね!

毛利小五郎の声優が交代したのはいつから?

最初に毛利小五郎役を務めていたのは、神谷明さん。現在は71歳となる、大ベテラン声優さんです。神谷さんは、2009年9月18日に自身のブログにて、「9月17日をもって、『名探偵コナン』の毛利小五郎役を解任させられた」ということを明かしました。

ブログ内ではそれ以上詳しいことは語らず、「契約上の問題と、信・義・仁の問題」である、とだけ述べていた神谷さん。突然のことに、ファンが騒然となったのは、記憶に新しいです。

放送としては、2009年10月31日に放送された、アニメ553話「ザ・取調室」が、神谷さんから、2代目となる小山力也さんに引き継がれる初回のストーリーとなりました。

各々のイメージがある以上、仕方のないことではありますが、この件は、ファンとしては賛否両論分かれるものですよね。最初のうちは、違和感からストーリーになかなか入り込めない、なんてこともありました。

特に眠りの小五郎のシーンに関しては、なんだか威厳が無く、物足りなく感じたのが個人的な意見です。今は小山さんの声で浸透しつつありますけどね!

小五郎役の声優さんが変わった理由は?

では、神谷さんが小五郎役を降りた、あるいは解任させられた(?)理由とは一体何なのでしょうか?これに関しては当時、様々な憶測が飛び交いましたが、結果的には、番組制作側とのトラブルが大きな要因だった、とされています。

神谷さんと制作側の契約の情報が共演者や関係者に漏れてしまったため、神谷さんが現場に居にくい状態が出来てしまった、とのこと。

ベテラン声優ですから、ギャラの金額等、共演者に知られると気まずい情報があったのかもしれませんね。これが本当なら、制作側がヒドイ・・・。そこから、降板の申し入れを受け入れた、という経緯があったよう。

ただ「降板の申し入れがあった」ということは、この事件がある前から、もしかしたら降板に関する打診があったのかもしれません。降板した時点で、60歳を超えていた計算になりますからね。

降板が決まってから、やはり神谷さん自身も小五郎役を続けたい思いはあったようですが、すでに代役が決定していたため、叶わなかったようです。

どこまでが本当なのか定かではありませんが、火のない所に煙は立たぬと言いますし、全てを否定はできないですよね。長寿アニメにおいて、声優の交代というのは、どうしても付きまとう問題の一つです。

ファンが納得するようなスムーズな交代を出来るか、ということは、大きなポイントとなっていますよね。物語のクライマックスに声優の交代、というのは、ストーリーとしては興ざめなので、避けてほしい所。

他のメインキャラの声優勢も年齢を重ねている訳ですから、制作側の判断が気になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?小五郎役の声優の交代に、こんな裏事情があったなんて、ちょっとビックリでしたよね。ただ、神谷さんと小山さんの仲が悪い、といったことはないので、そこは安心ポイントと言えるでしょう。

徐々に小五郎の声の変化にも慣れつつあり、若干複雑な気持ちはありますが、今後も活躍を期待したいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.