Menu
Close 

      2019/08/18

アンドレ・キャメルの初登場はいつ?赤井の組織脱退との関係も!








この記事を書いている人 - WRITER -

FBI捜査官の一人であるアンドレ・キャメル。人相の悪さとは裏腹に、穏やかで優しい性格の二面性を持っているキャラクターです。

しかし、初登場時は悪役らしき雰囲気を醸し出していて、怪しむ人も多かったことでしょう。では、キャメルが初めて登場したのはいつでしたでしょうか?

今回は、アンドレ・キャメルの初登場回をまとめました。赤井が組織を脱退したこととの関連性も紹介するので、「もっとキャメルを知りたい」という方は、ぜひご覧下さいね♪

▼U-NEXTならコナンのアニメ動画が見放題!▼

▼U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

アンドレ・キャメルとは?

では、まずアンドレ・キャメルについておさらいしましょう。冒頭で紹介した通り、アンドレ・キャメルはFBIの捜査官です!ドイツ系のアメリカ人であり、27歳独身であるキャメル。

人相は良くないものの、性格は穏やかで心優しい男性です。パット見、27歳にはとても見えないですけどね(笑)まぁ「外国人は老けて見えやすい」という理論だと思っておきましょう。

キャメルは、ドライブテクニックは、FBIの中でもピカイチ。本人も自信を持っていて、幾度とFBIのピンチを救っています。トレーニングが趣味で、筋肉隆々。身体能力も高い捜査官です。

アンドレ・キャメルの初登場は?

では早速、アンドレ・キャメルが初めて登場した回についてご紹介します。それがこちらです!

・コミック58巻File.1-59巻File.1/アニメ497-504話「赤と黒のクラッシュ(覚醒・攪乱・偽装・遺言・嫌疑・潔白・決死・殉職)」

FBIと黒の組織が、キールこと水無怜奈の身柄を巡って対決するストーリー。ここで今回、増員されたFBI捜査官こそ、アンドレ・キャメルでした。

「キールを再びスパイとして潜入させる」という赤井秀一からの極秘ミッションの元、動いていたキャメル。味方の捜査官を欺き、自慢のドライブテクで、見事にミッションを成功させることができました。

大切な任務を託すことから、赤井がどれだけキャメルを信頼しているのか分かりますね!登場当初は、嘘をついたり、同僚のジョディを気絶させたり、怪しい行動が多かったキャメル。

しかし、それが赤井の指示の元の行動と知って、本当に安心しました。その後は、千葉刑事に容疑者に間違われたり、なんだか不憫だったキャメル・・・(笑)

見た目が怖いからこそ、そうした面があるキャメルは、憎めないんですよね。FBIのマスコットって感じでしょうか。初登場は、スマートに危機を乗り越えてみせたアンドレ・キャメル。

しかし、その後に語られるエピソードは、彼のドジさが感じられることも。では、アンドレ・キャメルの過去と、赤井の組織脱退。その関係性について迫っていきましょう!

赤井秀一が組織を抜けたこと関係性は?

先程紹介したように、赤井秀一からの信頼が厚いアンドレ・キャメル。しかし、キャメルは過去に、赤井秀一のその後に大きく関係する、ある失態を犯してしまったのです。そのエピソードを紹介します!

それが収録されているのは、同じく「赤と黒のクラッシュ」にて。2年前、黒の組織に潜入していた頃、ジンを捕まえるための大勝負を仕掛けた赤井秀一。

そのFBI捜査員の一人として、日本に来ていたのがアンドレ・キャメルだったのです。ジンと待ち合わせするために、倉庫に来ていた赤井秀一。FBIはそこに張り込んでいました。

そんな中、一人の老人が倉庫に来て、座り込んでしまいます。赤井は無視していたものの、キャメルは、「ここは危ないからいてはいけない」と声をかけてしまいます。

しかし、その老人は、組織のメンバー。その行動により、FBIが張り込んでいることが、組織にバレてしまいます。結果、ジンがそこに姿を現すことはありませんでした。

これが、赤井の恋人、宮野明美が殺害される原因にも繋がります。キャメルはその責任も感じていて、命がけとなった水無怜奈の任務を受け持ったとのことでした。

心優しいキャメルならではのエピソード、という感じもしますが、本人は相当悔いていたようですね。赤井が生きていると判明した今、キャメルにはもっと頑張ってほしいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アンドレ・キャメルは知れば知るほど、人間味が溢れてくるキャラクターです。赤井が信頼していることからも、彼が心強い味方であることが分かりますよね。

今後、FBIと組織の対決も増えてくることでしょう。キャメルの活躍にも期待したいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.