Menu
Close 

   

宮本由美と羽田秀吉のラブラブ回まとめ!結婚についても考察








この記事を書いている人 - WRITER -

警視庁交通課の婦警である宮本由美。そして、天才将棋棋士として、世間で大人気の羽田秀吉。秀吉に関しては、赤井秀一の弟だった、という事実も、衝撃的でしたよね。

そんな宮本由美と羽田秀吉は、実は恋人同士なのです。一度は別れた二人でしたが、そのラブラブっぷりには、見ていてドキドキすることも。

今回はそんな二人のラブラブ回についてご紹介します!結婚についても考察しているので、「由美・秀吉カップルが好きでたまらない!」という方は、ぜひご覧下さいね♪

宮本由美と羽田秀吉のラブラブ回!

では早速、宮本由美と羽田秀吉のラブラブ回についてご紹介します。まずはこちらです!

・コミック85巻File.6-9/アニメ785-786話「太閤恋する名人戦(前・後編)」

秀吉にとって、とても重要な対局となる名人戦。そんな中、由美を誘拐したという手紙が秀吉に届きました。対局の持ち時間を使って、由美を助けるために、奮闘する秀吉。

コナンらの助けもあり、時間内に由美を救出することに成功したのです!そして、ラブラブっぷりが爆発するのは、事件解決後。

急いで対局会場に戻ろうとする秀吉に、由美は全速力でミニパトを走らせます。有名人の秀吉は警察の職権濫用・・・いや、助けもあり(笑)、無事対局に間に合いました!

しかし、到着後に、お守りとして使っていた由美の写真を無くしたことに気付く秀吉。そんな慌てふためく彼を、由美は熱いキスで送り出したのです。

「お守りよりご利益あるんじゃない?」とウィンクをする由美に、秀吉はかなり効いたようですね!非常に画力のあるシーンでした。

その効果もあって、名人戦を勝利した秀吉。ついに七冠獲得という快挙を成し遂げたのでした。まぁこんなすごい秀吉を、由美は落語家だと思っていたようですが(笑)由美ってテレビを観ない人間なんですかね?

今回は、いつもパワフルな由美の、女性らしい一面も語られて、見ごたえ抜群でした。作中にて語られる、馴れ初めエピソードも必見ですよ!

では、もう一つご紹介します。

・コミック89巻File.8-10/アニメ849-850話「婚姻届のパスワード(前・後編)」

以前、秀吉が由美に渡した封筒。そこには、婚姻届が入っていました。しかし、由美はそんなこととは知らず、封筒を間違えて資源ごみに出してしまいます。

幸い、曜日を間違えていたおかげで、ごみとしては回収されていなかったものの、問題の封筒は、マンションの管理人が持っているよう。管理人は、羽田秀吉の大ファンだったのです。

由美は封筒を返してもらうため、コナンらと共に暗号解読に臨みます。無事暗号を解読し、婚姻届を取り戻した由美でしたが、一方で秀吉は由美からの連絡がないことで、対局に集中できません。

悪手を連発してあっさり負け、なんと七冠から転落してしまったのです。七冠揃うまで、プロポーズしないと決めていた秀吉。婚姻届は無効だと言って、由美に捨ててもらうように促します。

そんな中、由美はあっさりと、その婚姻届を破り捨てたのです。そして、「天下取ったらまた話を聞いてやるから、それまで誰にも負けるんじゃないぞ」とカッコ良く言い切ったのです。

二人の絆が分かる、素敵なエピソードとなっていました。これだけ言われたら、秀吉は頑張るしかないですね!周囲への冷やかしが多かった由美ですが、秀吉とのラブコメをきっかけに、様々な一面が見られるようになりました。

ファンとしては、もっともっと由美の可愛らしい、カッコ良い姿を見たいものです。

宮本由美と羽田秀吉の結婚は?

こんなにラブラブっぷりが溢れ出している由美と秀吉。では、二人の結婚はいつ頃になるのでしょうか?秀吉は七冠を獲得するまで結婚しない、と断言しています。

各タイトルが行われるのは、年に一回。それを考えると、早くてもプロポーズは、落とした王将戦を獲得した後。最短で結婚は、一年後になることが予想できますね。

まぁ、他のタイトルを落としたら、またそこからやり直しになるようですが・・・。秀吉の対局の行方に関しては、恐らく由美の行動が握っているのでしょう。

結構メンタルによって結果が左右されていますもんね、秀吉って。由美の影響力の高さを思い知ります。以前は囮捜査でウェディングドレスを着ていた由美ですが、本当の結婚式も見たいものですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?由美・秀吉カップルを応援しているファンは多く、関心も高いですよね。

二人は無事ゴールインすることができるのでしょうか?今後も目が離せないキャラクターですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.