Menu
Close 

   

赤井務武は生きている?変装している正体はまさかのあの人?








この記事を書いている人 - WRITER -

FBI捜査官の赤井秀一。彼の父親の存在が、コミック92巻に収録された「さざ波シリーズ」にて、明らかになりましたよね!

父親の名前は、赤井務武(つとむ)。死亡した、とされている務武ですが、実は生きている可能性があることをご存知でしょうか?

今回は、そんな赤井務武の生存説について考察しました。赤井ファミリーをもっと知りたい、という方は、ぜひご覧下さいね♪

赤井務武とは?

では、改めて赤井務武についておさらいしましょう。赤井秀一、羽田秀吉、世良真純の三兄妹の父である赤井務武。まだ姿そのものは出てきていないものの、回想としてその風貌も明らかになりました!

帽子と髭で人相は分かりにくいものの、なんとなく赤井秀一に似てるのかな?って感じはしますね。赤井秀一の母であり、務武の妻であるメアリー・世良。

彼女も秀一に務武の面影を重ねているような描写がありました。(コミック92巻より)現在は消息不明で、死亡したとされています。

赤井務武は生きている?

では、赤井務武が生きている、という説について検証していきましょう。これを裏付ける根拠。それには、大きく二つの点が挙げられます。

一つは、赤井務武の死体が見つかっていないこと。これは、息子の秀一により、明らかになりました。確かに死体が見つかっていないなら、生きている説を信じたくなりますよね!

死亡した知らせが出てから10年以上。それだけ長いこと、死体が出てこない、というのも不自然です。今は白骨化しても、身元を特定できるくらい、警察は優秀ですからね。

二つ目は、務武が死の直前、メアリーに送ったメール。そこには、こう記されていました。「この先、私はいないものと思え・・・。どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ・・・。」

「いないものと思え」ということは、イコール実は生きているのではないか、想像できますよね。とんでもない奴らは、恐らく黒の組織。

ここからはあくまで個人的な推測ですが、務武は黒の組織の捜査を行っていたのではないでしょうか?そして、想像以上に大規模な組織の実態に家族の身を案じ、危険に晒さないためにも、自分は死亡したこととした。

こう考えると辻褄が合うんですよね。赤井務武は「誰か」に変装して、捜査を続けているのかもしれません。作者も、「死んだと言われているけど、実は生きているキャラがいる」ということは明らかにしています!

これが赤井務武のことだとしたら?あれだけ優秀な三兄妹の父親ですから、そう簡単に殺されないような気もしますし・・・。赤井秀一の時の鳥肌が立つような帰還も期待したい所です!

赤井務武は黒田兵衛と同一人物?

赤井務武が変装しているとしたら、それは既にストーリーに出てきている可能性も。その中で、怪しいとされている人物についてご存知でしょうか?

その人物は、警視庁の黒田兵衛管理官!黒の組織のNo.2のラム候補の一人として名前が挙がる黒田ですが、こんな驚きの仮説も浮上しているのです。

『赤井務武は、黒田兵衛に変装して生きている』黒田兵衛は、事故でつい最近まで昏睡状態に陥っていました。このタイミングで、赤井務武は意識が戻った黒田として、変装しているのではないでしょうか?

「所々記憶が抜け落ちている」というのも、別人だとすれば、説明がつきます。また、これが噂されるようになったのが、黒田の台詞にありました。

劇場版「ゼロの執行人」にて、バーボンに「ぬかるなよ」という台詞を使っていた黒田。あまり日常的に使わない言葉だけに、印象的でしたよね!

これを使っている人物がもう一人いるのです。それは、務武の妻であるメアリー・世良。娘の真純に対して同じく、「ぬかるなよ」も使ったことがありました。

さらに遡ると、メアリーは務武が死亡(したとされた)後、父親代わりとなることを決意しましたよね。。それに伴って、口調も今までとは違って、男らしくなりました。

そんな務武の代役となった彼女が発した「ぬかるなよ」。これは、赤井務武=黒田兵衛に繋がる伏線なのではないか、とも囁かれているのです。

黒田には、公安のボスなのではないか、という噂もありますが、さらにこんな事実も判明したら、もう読者も驚きですよね。事実だとしたら、現在、家族はどこまで知っているのかも気になる所です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?ストーリーが進むにつれて、赤井ファミリーは続々と登場してきました。赤井務武は本当に生きているのでしょうか?

今後、それに関する過去が描かれることもあるかもしれません。一話たりとも見逃せませんね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.