Menu
Close 

   

元太の父親が犯人として登場?意外とイケメンと話題に!








この記事を書いている人 - WRITER -

コナンの小学校の同級生で少年探偵団の一員でもある小嶋元太。体格が良く三角頭が印象的ですよね。そんな元太の父親の初登場回はなんと殺人事件の容疑者としてでした!

コナンも「まさか元太の父親が・・・?」とひやひやした反面、意外にもイケメンな父親の姿に注目が集まりました。気になる父親の容姿や性格を登場回と共にご紹介します♪

元太の父親の初登場回は?

元太の初登場回はアニメ第551話~552話「犯人は元太の父ちゃん」でした。この時コナンと初対面を果たします。

ストーリー序盤、元太が学校で「全国コジマさん選手権」の書類選考に父親が通ったという話をします。賞金はなんと1千万円!それと猪の掛け軸でした。

コナンは猪の掛け軸が1千万円よりも高額だということに気づき、疑問を持ち始めます。そこでコジマさん選手権の会場であるTV局を訪れることに。

そこで元太の父親が最後の3人まで残ったことが判明。しかしその直後、主催者が階段から突き落とされて、殺害されるという事件が起こります。

容疑者は階段の上の階に居た決勝を待っていた最後の3人ということに。この中にもちろん元太の父親が含まれていたのです。容疑者の名は小嶋文太・元次・岩吉の3人。

どの人も元太と名前が似ていたり、顔が似ていたりと犯人逮捕の瞬間まで、誰が父親なのかとヒヤヒヤしながら見ていました。実はこの初登場回以降、父親は登場していません。

では元太の父親は犯人だったのでしょうか?

元太の父親は誰?犯人だった?

結論からいうと、元太の父親は犯人ではありません!名前は小嶋元次元太とは違い細身でシュッとした顔のイケメンさんです。

犯人発覚後、白を切る犯人にかっとなり掴みかかってしまいます。実は元次は生粋の江戸っ子で、曲がったことが大嫌いの喧嘩っ早い性格だったのです。

話し方から江戸っ子・・・というか、時代劇?くらいの勢いですが、まだ32歳なんですよ!若いのにこの話し方・・・(笑)思わずコナンも「いつの時代だよ!」とツッコんでましたね。

とにかく、元太の父親が犯人ではなくてホッとしたエンディングでした。普通に考えて、元太の父親が犯人な訳ありませんけどね(笑)

ただ、「元太の父親は誰か」とファンも考察したのではないでしょうか?元太の母親は何度か出てきていますが、元太は完璧に母親似ですね!本当にそっくりですよ。

元太の母親はどんな人?

実は元太の母親のきちんとした登場回はありません。しいていうなら、第20話「幽霊屋敷殺人事件」で少年探偵団がこっぴどく叱られるという場面で少しだけ登場しています。

この時は声の出演はなく、その後も元太の回想で出てくる程度の出演のため、未だに声は発していません。見てわかる通り、元太の前に居るのが母親です!

とても似ていますよね。似てるというか、大きくなった元太の様・・・(笑)元太の三角頭は母親の遺伝だったんですね。

元太の口癖でもある「母ちゃんが言ってたぜ」が母親と仲がいいことを証明しています。どちらかというと、元太はママっ子のようですね。

父親がイケメンなだけに、元太も成長したらイケメンに・・・と願いたいです。しかし10年後の元太はまだ少しぽっちゃりさんです。三角頭は少し緩和したような?まだまだ期待できますね!

まとめ

元太の父親は小嶋元次という名前で、生粋の江戸っ子です。時代を感じる話し方が印象的ですが、細身にしゅっとした顔がイケメンですよね。元太と似てなさ過ぎて驚きました!

喧嘩っ早い性格は、元太とも似ていますね。正義感が強いので事件解決の手助けもしてくれそうです。イケメンな父ちゃんには是非、また登場して欲しいですね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.