Menu
Close 

      2019/08/18

沖田総司はYAIBAの登場人物?顔が工藤新一に似ている?








この記事を書いている人 - WRITER -

コナンの京都編で出てくる人物、沖田総司(おきたそうし)。剣道の腕がとても強く、平次もライバル視するほどです。そんな彼の気になるところは、容姿が工藤新一に似ているということです!

一体彼は何者なのか、青山先生が描いた漫画「YAIBA」の登場人物というのは、本当なのでしょうか?謎が多いこのキャラクターについて詳しく調べてみました。

沖田総司のことが気になっている方は、是非ご覧ください♪

▼U-NEXTならコナンのアニメ動画が見放題!▼

▼U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

沖田総司とは?

沖田総司は先ほども言ったように、剣道が得意な少年です。京都泉心高校に通う高校2年生で、劇場版名探偵コナン「から紅の恋歌」で活躍した大岡紅葉(おおおかもみじ)の同級生でもあります。

この偶然、なんだか気になりますね・・・。平次は大会で優勝候補になるほどの実力ですが、その平次がライバルと位置付ける沖田は、かなりの腕の持ち主です。

沖田の性格は練習や試合はサボりがちで、すぐに女の子を口説くノリの軽い人物。ちなみに蘭と初めて会ったときも口説いてました(笑)

しかし剣道で勝つという事には人一倍の信念があるようで、平次が「優勝したら・・・」と話すと、「聞き捨てならん」と対抗心を燃やします。

得意技は五段突きとのことで、素人が見たら一見ただの突きですが、実は眉間・喉・胸・両肩の5か所を突いているんだそうです。平次もそれで一度怪我をして、試合中止になったこともあるのだとか。

彼の名前を見てすぐに浮かぶのが、歴史に名を遺す新選組・沖田総司(おきたそうじ)ですよね。急に出てきた歴史上の人物になぜ?と疑問に思う方も多いはず。

実は、コナン以前に青山先生が描いていた漫画「YAIBA」に沖田は登場していたからなんです!

沖田が登場する「YAIBA」とは?

青山先生作「YAIBA」とは、歴史をモチーフにした漫画でした。沖田はその織田信長御前試合編で登場しています。

彼は六代目沖田総司として育てられました。練習漬けの日々が嫌になり、大会での優勝を条件に侍をやめると言っていましたが、準決勝で主人公・鉄刃とあたり、刃の出す「闘刃」に翻弄され、最終的に本人の試合放棄で敗北。

実力は折り紙付きで、初代沖田総司の三段突きを上回る五段突きなどで、YAIBAでもかなりの手練れとされています。愛刀は菊一文字。構えは自身の肩にのせる独特なものが特徴です。

その特徴をそのままに、コナンの世界に登場させたようです。剣道が得意な平次がいるので違和感なく登場できていますよ。サボり癖はこのころからだったんですね(笑)

顔が工藤新一と似ている?

そうなんです。画像を見ての通り、新一に似ていると思いませんか?コナン自身、初めて会ったとき目を疑っていました。本人から見てもかなり似ているようですね。

前から知っていた平次は何も思わなかったんでしょうか?(笑)蘭は初めて会ったとき、新一に似ている沖田に迫られて、赤くなっていました。新一というものがありながら・・・!

蘭が思わずドキッとしてしまうほどのようですね。その後もチラチラ沖田を気にする様子があり、「乗り換えちゃうのか?」と思ってしまいましたよ。

新一よりか少し色黒で、京都弁を話すお調子者な沖田に始めは違和感しかありませんでした。でも慣れてくるとやっぱり、かっこいいですよね(笑)

「新一にわざと似せてきたのか?」と思った方も多いと思いますが、キャラ的には沖田の方が先に出来たキャラなんですよ。どちらかと言うと、新一の方が沖田に似せて作られたのかもしれませんね。


蘭と園子が京都旅行で沖田に会えるかも!という会話をしている場面があります。園子が「ついでに新一君にも会えたりして」という言葉を聞いたコナンは「ついでは俺の方か!」とショックを受けるんです(笑)

本当に沖田が元になったのではと思ってしまいますよね。

まとめ

沖田総司は青山先生作「YAIBA」の登場人物です。剣道の達人として、平次と熱いバトルを繰り広げて欲しいですね!新一に似ている沖田と蘭の関係も今後気になってきます。

最新話「紅の修学旅行」にも沖田が登場しているので是非読んでみて下さいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© conanvideos.com , 2018 All Rights Reserved.